スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

春季特別展記念シンポジウム報告

6月4日、大中遺跡発見60周年記念春季特別展の記念シンポジウム「大中遺跡とその時代-東播磨沿岸部の弥生集落-」が開催されました。 今回のシンポジウムは、東播磨沿岸部に点在する弥生時代後期の集落と大中遺跡を比較することで、大中遺跡がどのような環境に置かれていた集落だったかを探るというのがテーマです。 会場は満員の盛況でした。今回は定員72名に対して179名の応募をいただきました。 事前報告は、特別展の主担当、藤原怜史学芸員が「大中遺跡の集落像」と題して発表しました。 大中遺跡の発見から国史跡に指定されるまでの経緯に始まり、竪穴住居跡の時期による特徴の変遷、出土品の特徴、弥生時代の鏡や鉄器の事情、竪穴住居跡に残っていたベンガラ等について報告がありました。また、海が生活圏にある集落であることや竪穴住居跡の分布や特徴的な遺物などから、大中遺跡における集落内でのグルーピングの試案などの解説がありました。 続いて報告1として、「明石川流域の弥生集落」と題して、神戸市文化スポーツ局の池田毅氏から発表がありました。 最初に明石川流域の集落遺跡の動向として、弥生時代中期から古墳時代初頭と経過していく中で、集落の形成された位置や規模の変化について説明していただきました。 次に明石川流域の集落の特色として、小形仿製鏡・破鏡、鉄製品、外来系の土器の出土状況と、大中遺跡同様、竪穴建物が円形主流から方形主流へ変化したことや、北部九州に見られる室岡型住居が確認されていることなどを解説してくださいました。 続いて報告2では、「加古川流域の弥生集落-下流域左岸を中心として-」と題して、加古川市教育委員会の山中リュウ氏から発表がありました。 最初に、大中遺跡前夜(弥生時代中期後半)、大中遺跡併行期、大中遺跡以後(古墳時代初頭)とそれぞれの時代の加古川下流域3大遺跡(溝之口遺跡、美乃利遺跡、坂元遺跡)を中心に、集落の規模や位置、出土品等について説明していただきました。 また、加古川中流域から見た大中遺跡は、溝之口遺跡や坂元遺跡を引き継いだのが大中遺跡なのか、大中遺跡隆盛期には加古川下流域の集落は大中遺跡の衛星的なムラとして機能していたのか、大中遺跡後に成立した古墳の母体集落はどこなのか等について解説してくださいました。 休憩後の記念講演では、橿原考古学研究所共同研究員の森岡秀人氏から 「弥生時代後期から
最近の投稿

大中遺跡発見60周年記念展覧会 3館で開催中

 ただいま開催中の大中遺跡発見60周年記念春季特別展「弥生集落転生-大中遺跡とその時代-」、もうご覧いただきましたでしょうか。 今回の特別展は、大中遺跡発見60周年ということで、当館だけではなく、東播磨の3館で同時に大中遺跡に関する展示を行っており、メインホールと特別展会場に、ポスターを貼ってご紹介しています。当館と併せてご覧いただきたく、少し詳しくご案内します。 3館開催の案内ポスター 播磨町郷土資料館(当館のお隣、大中遺跡公園の西側です) 企画展「大中遺跡のはじまり-氷河期を生きた旧石器人-」(7月3日まで) 大中遺跡(播磨町)や山之上遺跡(加古川市)で出土した旧石器時代から縄文時代にかけてつくられた石器が中心の展示です。 瀬戸内沖の海底から引き揚げられたナウマンゾウの牙の化石や、サヌカイトでつくられたナイフ形石器、矢じり、有舌尖頭器など1~3万年前頃の小さな石器が数多く展示されています。 常設展示では、新聞の父と呼ばれるジョセフ・ヒコ(浜田彦蔵)や新井用水を開削した今里傳兵衛などの郷土ゆかりの偉人や別府鉄道の資料が展示されています。 兵庫県立図書館(明石市 明石公園内) 「大中遺跡発見60周年-ひょうごの弥生時代-」(7月20日まで) 2階の「ふるさとひょうご情報室」内に大中遺跡のコーナーが設けられています。 大中遺跡や兵庫の弥生時代に関する本のほか、弥生時代の遺跡・出土品について書かれた本など、約70冊が配架されています。考古博物館にない本もあるようです。 大中遺跡発見当時のことが詳しく紹介された冊子も展示されていました。発見した中学生3人の発見ドラマが掲載されています。 兵庫県立考古博物館 大中遺跡発見60周年記念特別展「弥生集落転生-大中遺跡とその時代-」(7月3日まで) 当館の特別展も残すところ半月となりました。大中遺跡のことがよくわかる展示です。まだお越しでない方はお急ぎください。 大中遺跡の竪穴住居はバリエーション豊かです。これまでの調査で、住居の形や屋内の構造によって建てられた時期が分かるようになりました。 大中遺跡以前(前期~中期)の弥生集落(玉津田中遺跡・神戸市西区)で出土した石斧や鋤などの木製農具。本展覧会の出発点です。 中央の赤い台は今回の展覧会の目玉の一つ、舶載内行花文鏡の破片(破鏡)です。(播磨町郷土資料館蔵 後漢〔25~220年〕の

小学生の体験-古代米の田植え-

6月8日、毎年恒例の蓮池小学校5年生による古代米の田植えが実施されました。 青空の広がる晴天で、熱中症対策はしていましたが、時折涼しい風が吹き、心地よい「田植え日和」となりました。 開始前の打ち合わせです。田植えは、当館の職員とボランティアとで児童の作業の指導や補助をします。館長から「けがのないよう十分注意してください」と挨拶がありました。  きれいに整備された田んぼ。約10a(約一反)の広さです。  児童たちの登場を待っています。 あらかじめ、児童が植える苗を田んぼのところどころに配置しておきます。 この苗は、県立農業高等学校の生徒さんたちが授業の一環として育苗してくれたものです。 今回植えるのは、対馬赤米、種子島赤米の2種類の赤米と、壱岐黒米、播磨地域で普通に栽培されているはりまもちの4種類です。 5年2組の児童たちが到着しました。最初に館長が挨拶をします。 担当学芸員が、「博物館の館長から挨拶があります。館長というのは、私たちにとっては、皆さんの校長先生にあたる人です。」と、紹介しました。 田植えをするにあたっての注意事項などを説明しています。鎌を使う稲刈りよりは危険は少ないですが、泥に足をとられたり、ロープに引っ掛けたりして転倒しないように気を付けなければいけません。 一斉に田んぼに入ります。素足で田んぼに入るなんて、最近ではまず経験しませんね。 ズボッ、と入った瞬間に  “ワァ~”  とか  “キャア~”  とか、足の指の間を抜ける泥の感触に歓声のような悲鳴のような声が。これ、けっこう楽しい瞬間です(見ている方も・・・)。 ボランティアから苗を受け取ります。「一度に3本ずつ程度植えるねんで」と、ボランティアが優しく声を掛けます。 「張ってあるロープに赤い印が付いていますから、その場所のロープの向こう側に植えてください。手前じゃないですよ。いいですかぁ、では植えてください。」現場を指揮する職員の声が響きます。 一斉に最初の苗を植えます。「土の中にグイっとしっかり植えてくださいね」声が続きます。 トライやる・ウイーク中の平岡中学校の2名の生徒も手伝ってくれました。 5列目を植えます。少し慣れたかな? 一列植えるたびごとに、30㎝間隔くらいで目印のロープを移動させます。できるだけピン!と張るので、力が必要です。 かなり慣れて調子が出てきたところで、最初の種子島赤

特別展解説

 5月28日(土)、開催中の特別展「弥生集落転生-大中遺跡とその時代-」の展示解説会が特別展示室で行われました。  講師は特別展の主担当、藤原学芸員です。  最初に大中遺跡の位置や規模についての説明がありました。  大中遺跡は播磨町にありますが、遺跡は加古川市域にまで及んでいて、加古川市に位置する部分を「山之上遺跡」と呼んでいます。  パネル下の昭和40年頃の大中遺跡の航空写真と、現在の博物館や駅などを加筆した写真(右下)とを照らし合わせて、今昔を振り返りました。  この日は、今年度新たに募集した当館のボランティアの研修初日でしたので、研修生の方々も多く解説に耳を傾けていました。  大中遺跡の名物、イイダコ壺の展示です。左の少し大きめの石は、砥石です。  大中遺跡周辺では、目の粗い砥石から細かいものまで多数の砥石が見つかっています。一つの竪穴住居跡から、目の粗い砥石と細かい砥石が出土していることから、弥生時代から目的によって、砥石の使い分けをしていたことが伺えるとのことです。  さて、イイダコ壺ですが、手前の二つの壺にはタコが入っているのが分かりますか。  このタコ、展示用のレプリカや模型とかではなく、本物のタコに樹脂をしみ込ませて、腐らないようにしたものだそうです。とてもリアルですよ。  藤原学芸員は、実際にイイダコを料理して展示しようかと思ったそうですが、そのイイダコが不漁でどうしても手に入らず、断念したそうです。こんな小ネタも、展示解説会ならでは、なかなか聞けません。  大中遺跡、山之上遺跡で見つかった竪穴住居跡の配置図と、考古博物館建築前の大中遺跡の様子を写した写真のパネルの前で、解説を熱心に聞き入る参加者の皆さん。あっという間の30分でした。  

過去の記事一覧

もっと見る